メニュー 蕭寥亭 検索

開店休業の記

昨日の買い物

DCP-J925N

 8年間使い続けた(物持ちいいな、オレ)インクジェット複合機 Canon PIXUS MP370 の印刷機能が今年の春先にイカれてしまいまして、印刷はあまり使わないので(むしろスキャナ機能の方が使用頻度が高い)そのままにしておいたのですが、時節柄プリンタの安くなる時期ですので(例年秋に新製品が出るため)、ついに買い換えました。

 今回買ったのはブラザーの DCP-J925N です。税込9,880円也。これに購入した某大手電器量販店のポイントが10%つくため、実質9,000円を切るというけっこう驚異的なお値段でした。ちなみに MP370 は20,380円でした。はぁ〜、安くなってるもんだねぇ・・・。

 安い割には有線・無線LAN両対応でADF付き(使わんような気もするけど)と機能は充実しており、わたしには十分すぎるほど。

 正式な対応OSには含まれていないのですが、Linux 用のプリンタ・スキャナドライバもブラザーのサイトに用意されており、Ubuntu 12.04 AMD64 でも使えるというのもありがたいところ。もっとも AMD64 に完全にネイティブ対応しているわけではなさそうで、32ビット版のパッケージを同時に大量導入することにはなりますが、印刷もスキャンもちゃんとできますよ。

 EPSON・Canon のプリンタ業界2強の製品ではない、新製品がもうすぐ出てきてしまうというあたりが不安視されるところかもしれませんが、ブラザーの評判は悪くないようですし、新製品といっても最近の動向からしてそれほどの違いはないと思われますんで、わたしは気にしてません。

 カラーの印刷画質については EPSON・Canon に比べると落ちると評価されているらしいのですが、わたしはモノクロの文書印刷ばっかりだからあまり関係が・・・、それよりブラザーの方がインク代は割安だということなので、そちらに期待。

 で、使用レポートを、と言いたいところですが、実はまだほとんど使っていないので、例によって後日。