メニュー 蕭寥亭 検索

開店休業の記

今日の音楽 ー 無理は承知で

Blinds

 久し振りに日本のポストロック系を。

 Presence Of Soul の2008年のアルバム「Blinds」です。

 このバンドは女性ボーカルが入ります。ただし、歌を前面に出すタイプではなく、後ろに引き気味。スキャット風に聴こえる時がなかなかよろしい。

 音はギター中心の轟音。Walrus や Mono に近い感じで、轟音でも日本的に淡い色彩がわたしの好みに合います。

 が、「じゃあ、このバンドの他のアルバムも」といくかというと、それは・・・、どうでしょう・・・。

 Walrus や Mono を引き合いに出しましたが、彼らほど鮮烈な「この1曲」がないのが辛いところ。同傾向の曲が並んでいることもあって、アルバム全体が平板に感じられてしまい、いつの間にか再生が終わっていました、ということに。

 全曲名作なんて必要無いんです。「1曲」、あれば良かったんですけど、ホントに。その「1曲」を作り出すのが難しい、のでしょうけど。メロディにも時折良いものがあるだけに、惜しい・・・。