メニュー 蕭寥亭 検索

開店休業の記

今日の青空文庫

源氏物語

 「源氏物語」(紫式部:著 与謝野晶子:現代語訳)、読了。

 現代語訳ではありますが、源氏物語五十四帖完読! やりました!(アホ・・・)

 まずはこの大部を青空文庫化してくださった関係の方々に感謝! いや〜、読みでがありました。

 物語は平安期、天皇の子として生まれた美貌と才能の持ち主・光源氏と彼をとりまく人々をその恋愛を中心に描いたもの。って、そのへんは読んでいなくとも学校の古典の授業等で皆様ご存知かと思いますが(笑)。

 与謝野晶子の現代語訳は読みやすいものですが、解説や註はないので時々理解しづらいところがあります。ネット等を駆使してわからないところは自分で調べながら読むと良いかも。それと原著がそうなんですが、登場人物の個人名がほとんど使われず役職名で呼ばれるので、時期によって同じ人物でも別の呼ばれ方をしていたり、逆に同じ役職についたために別々の人物が同じ呼ばれ方だったりして混乱します。翻訳時に配慮してくれるとありがたかったのですが。

 読んでみてから語り口の変化や結末などに疑問を感じて調べてみると、源氏物語にはいろいろ謎があるらしいことがわかりました。おもしろそうな研究本があれば読んでみたいな。