メニュー 蕭寥亭 検索

開店休業の記

今日の音楽 ー 禁句かな・・・

the book about my idle plot on a vague anxiety

 新分野開拓活動の一環として、日本のいわゆるポストロック勢をいくつか手を出してみようかと思っているのですよ。

 今回はこれ、toe 2005年の "the book about my idle plot on a vague anxiety" 。

 以前取り上げた MONO や world's end girlfriend と比較すると、はるかにシンプルな音作りでより正攻法のギターロック風という印象です。ちょっと饒舌で乾いたドラムの音が作品の核になっているよう。突っ走ろうとしてもどこか情緒を排しきれないメロディは、やっぱり日本的というか(笑)。引き締まった演奏と余白のある音空間、醒めた空気がなかなかいい感じ。

 ただ、若干気になったのは MONO や world's end girlfriend には意識しなかったボーカルの不在を、この作品については感じてしまったこと。これ自体、良い作品だとは思いますが、この演奏に合うボーカルがいれば本当に素晴らしいものになったではないかと感じてしまうところがあるのです。「メトロノーム」でほんの少しだけひっそりと聴こえる女性の声が、やけに耳に残ってしまっているので、なおさら・・・。