メニュー 蕭寥亭 検索

開店休業の記

今日の本

iPS細胞とはなにか

 「iPS細胞とはなにか」(朝日新聞大阪本社科学医療グループ:著 講談社)、読了。

 iPS細胞、日本語では人工多能性幹細胞。人間の細胞は異なる機能を持つ多種類に分化しており、通常、ある細胞が分裂してできた娘細胞は親にあたる細胞と同じ種類で、別の種類に変化することはありませんが、iPS細胞はどんな種類の細胞にもなることができる細胞とされていており、医療分野に飛躍的な革新をもたらす可能性が期待されています。本書は、このiPS細胞登場までの過程と現在のiPS細胞を取り巻く環境を解説した一般向け科学書です。

 iPS細胞を最初につくった日本人研究者を軸に、最新技術をわかりやすくまとめています。反面、記述が平板で面白味には欠けますが。そのへんはお里が知れるというか。