メニュー 蕭寥亭 検索

開店休業の記

今日の本

社内失業

 「社内失業」(増田不三雄:著 双葉社)、読了。

 この不況の中、せっかく就職できたのに仕事をさせてもらえず社内で孤独に追いつめられていく「社内失業」の実態報告。著者自身、まだ三十代の社内失業者だそうです。

 社内失業者がかつての窓際族と違うのは、後者が社内の出世競争に勝てず年齢相応の役職が与えられなかったため遊休人員化してしまった中高年を指すのに対し、前者は出世競争に参加する以前にそもそも適切な職務につけてもらえず、そのまま放置状態に置かれてしまった社員のこと。二十代三十代の若手が多いそうで、その年代でロクに業務を習得できないっていうのはとりあえず給料はもらえていても将来を考えるとたしかに深刻だよなぁ。

 不況にもかかわらず正社員を採用しようという会社なら、仕事なんかこなしきれないほど抱えていそうな気もするんですが(わたしも今ではIT技術者としてあちこちの会社に派遣されていますが、楽なとこなんてほとんどないし)、最近の企業の余裕の無さを考慮すると社員教育ができなくなったことが社内失業者増加の大きな要因とする著者の意見には説得力を感じます。教育はお金と時間がかかる反面、すぐには利益を産まないので真っ先に削られてしまうのですよね。終身雇用・滅私奉公の時代が終わり、せっかく教育しても転職されちゃったら無駄になるだけっていう考えもあるんでしょうし。で、即戦力ばかり欲しがるようになり、どこも教育の負担を避けようとし・・・。

 でも、やんなきゃ。先が細るばかりですよ、こんなんじゃ。

 わたしが社会人になったころ、企業(特に大企業)には「仕事に必要な教育はこちらでやるから、大学は余計なこと教えるな」という態度のところがあったことを思い出すと、まさに隔世の感が・・・。