メニュー 蕭寥亭 検索

開店休業の記

今日の本

御家騒動

 「御家騒動」(福田千鶴:著 中央公論新社社)、読了。

 庶民が著名人のゴシップ好きなことは今も昔も変わらないようで、江戸期には御家騒動が格好のネタとなって芝居や講談にまで仕立てられたとか。ただ、そうしたものは実態からは程遠い「フィクション」になってしまっているのが常でありまして、「で、ホントのとこはどうだったのよ?」というのが本書の内容です。

 まじめにおもしろかったです。

 従来幕府が御家騒動を口実にして大名取り潰しを強行していたという見方がよくされていましたが、この本で取り上げられた事例では幕府はむしろ対立する勢力の仲介をしていたことが多いとの指摘が新鮮でした。戦国の遺風が消えていない江戸初期には、主君は替えることができるものという意識が根強く存在し、御家の存続より武士の意地を優先するような輩が多かったというのも。江戸後期の、いわば朱子学的君臣関係のイメージにとらわれてしまうと、なかなか気がつきませんね。

 楽しく勉強になりました。