メニュー 蕭寥亭 検索

開店休業の記

今日の音楽 - おっさんの童心

童謡の風景3

 また、童謡が聴きたいなと思い、選曲とネットの試聴での印象でこれにしました。レインブックの「童謡の風景3」、2010年の作品です。

 買ってから知ったのですが、これ、同名の本と連動して企画されたCDとのことです。

 童謡って、もともとエンターテイメント向けの音楽ではありませんから、何の工夫もなくただダラッと演奏すると単調でつまらなくなりそうですし、かといって力が入りすぎたり演出過剰になると味わいを損なうし。意外と難しい分野かもしれません。

 その点、このCDは良いバランスだと思います。

 使用楽器・演奏は現代ポップス的で時にロック風だったりラテン風だったりさりげなく変化がつけられていますが、装飾・音数は抑えめで歌を生かすものになっています。

 ボーカルの山本容子は澄んだ通る高音が良い感じで、クセの少ない歌い方が素朴な曲調に合っています。

 曲によっては解説のナレーションが入ることがあります。これはちょっと・・・。解説がいらないというのでなくて、曲と解説が同じトラックに入っているので飛ばしにくいのが難。分けてくれればよかったのに。解説は音楽とは違い、同じのを繰り返し聞きたいものではないので、ねぇ?

 ともあれ、けっこう気に入りました。

 「五木の子守唄」が秀逸。