メニュー 蕭寥亭 検索

開店休業の記

今日の本

潜入ルポ アマゾン・ドット・コム

 「潜入ルポ アマゾン・ドット・コム」(横田増生:著 朝日新聞出版)、読了。

 あのアマゾンについての本ですね。著者がアマゾンジャパンの流通センターでアルバイトとして勤務した時の体験を中心に、いったいアマゾンとは何者か?、ということを探ったルポルタージュ。

 なかなか中身は濃く読み応えはあるのですが、物流センターの労働環境の描写の部分と企業分析の部分をうまくまとめきれていないような気はします。また、話題が書籍販売に関連する点に偏っているのは残念。わたしもアマゾンをよく使いますが、本よりCDを買うことの方がずっと多いんですよね。そのへん、何かなかったんでしょうか?

 と、文句をたれましたが、おもしろかったです。文庫化にあたって(単行本は2005年刊行)その後の取材にもとづく記述を追加してあるところもよし。