メニュー 蕭寥亭 検索

開店休業の記

今日の音楽 − しかたない

Red Of Tooth And Claw

 安物買い、再び。国内盤新品が定価の3分の1以下という破格のお値段で売っていたので、つい買ってしまいました、Murder By Death の "Red Of Tooth And Claw" 。いや、新規開拓の意味もあるのですが・・・、って、どう情けをかけても言い訳がましいな。

 で、どんな人たちかといいますと・・・、全然知らないので今から調べます。

   ・・・

 えっと、2000年にアメリカ・インディアナ州で結成されたロックバンドで、現在も活動中。本作は2008年の4作目。

 こういうバンド名でこういうアルバムジャケットを採用してしまう人たちの音楽がバカ陽気なダンス用であるはずもなく、アルコール臭を漂わせつつ全体が暗く重っ苦しく。チェロらしき弦楽器の多用がそれに拍車をかけています。ボーカルは Pearl Jam の Eddie Vedder を野太くしたような感じ。

 必ずしも嫌いなタイプではないし、作品自体もそれなりの水準に達していると思いますが、魅かれるものがなかったなぁ〜。まっ、そういうことで。