メニュー 蕭寥亭 検索

開店休業の記

今日の本

神国日本のトンデモ決戦生活

 「神国日本のトンデモ決戦生活」(早川タダノリ:著 合同出版)、読了。

 副題にもあるように、第2次世界大戦中の日本で、広告や雑誌がいかに戦争協力をしていたか、という本です。

 この文体は・・・、何年か前にベストセラーになった「へんないきもの」に似ている・・・。

 「あの戦争をオチャラカシにするとは!」とお怒りになる方もいらっしゃるとは思いますが、しかし、研究のためとはいえ、こんなしょうもない文献群(何なんだよ、「勝利の体当たり生活」って)とつきあわなきゃならんとなれば、「マジメにやってらんね」という気持ちはわかります。本書の著者を批判する前に、サイパン玉砕を「愉快なことぢゃ」などと言ってのけた御仁を何とかした方がよいと思いますが。とっくに死んでるけど。

 空疎な激越調に、そこはかとなく漂う建前臭。作ってた人たちもどれだけ本気だったのやら。「上がやれって言うから、しかたないんだよ」ってな、ボヤキを行間から聞き取ってしまう、そんなわたしもやっぱり日本人。「わかる」だけに情けない・・・。この情けなさを、どこにぶつけたらいいのやら。