メニュー 蕭寥亭 検索

開店休業の記

今日の芸術

企画展「レンブラント 光の探求/闇の誘惑」

 姪にせがまれて、行ってきました、東京・上野の国立西洋美術館。企画展「レンブラント 光の探求/闇の誘惑」が目当てです。

 そのタイトルどおり、巧みな光と闇のコントラストを用いた浮かび上がるような立体感が見事。何つーか、3Dっぽいものさえ感じました(ひどい形容・・・)。

 中でも油彩画「東洋風の衣装をまとう自画像」に描かれたプードル犬のムクムク感がスッゲー、とは姪と一致した意見。

シュルレアリスム展

 その後、六本木に移動して観たのが、国立新美術館での「シュルレアリスム展」。

 しかし、レンブラントの後に観ちゃうとマンガみたい・・・。シュルレアリスムは、それこそレンブラント的表現を否定するところから出発しているようでもあるので、当然なのかもしれませんが。どうも心がザワザワとして落ち着かない、不安を煽るような居心地の悪い作品ばかりで、こういうのを毎日観ていると心を病んでしまいそう。やっぱり家に飾るならレンブラントだよね。「って、おめぇ、どっちにしても買えんのかよ!?」というご意見には、沈黙をもって酬いる他ありませんが。

 これ観ても時間が余ったので、ついでに映画も観ましたが、それについてはまた後ほど。