メニュー 蕭寥亭 検索

開店休業の記

今日の音楽 − 冬に朗々と

天架ける橋

 ここんとこえらく寒くて「早く暖かくならんかな」と思うこのごろ。今日は朝方、雪もちらついたそうで。だからというわけでもないのですが、また南国・沖縄の音楽を。

 古謝美佐子、2000年のアルバム「天架ける橋」です。

 伸びやかな美声です。まず、魅力はそこ。

 バックの演奏にヴァイオリンやチェロといったストリングスが多用されているのも特徴。以前聴いた大城美佐子の「唄ウムイ」が、沖縄の伝統楽器でかためられていたのとは対照的です。そのへんは世代の違いというのもあるのでしょう。賛否分かれそうですが、わたしは違和感なかったので、これはこれでよいと思います。