メニュー 蕭寥亭 検索

開店休業の記

今日の本

火の賜物

 「火の賜物」(リチャード・ランガム:著 依田卓巳:訳 NTT出版)、読了。

 火で食物を調理するようになったことが人類の進化に大きな影響を与えたとする「料理説」の本です。その着眼点はおもしろい。少々、主張に強引な感じも否めませんが。たしかに他の動物の場合でも、その主たる食物によってその後の進化は方向づけられた例は少なくないのですから、人類にも同様のことがあっても不思議ではありません。

 人間の体の重さに対する消化器官の割合が他の霊長類と比較して非常に小さいのだそうです。初めて知りました。それは消化吸収しやすい食べ物(つまり調理済みの)を摂取してきたことによるものだとか。