メニュー 蕭寥亭 検索

開店休業の記

今日の音楽 − やっぱり、この声

冬の扉

 前2回、ややハズし気味だったにもかかわらず、懲りずにまた吉田美奈子です。やっぱり彼女の声に期待してしまうんですよ。今回は1973年、彼女のデビューアルバム「冬の扉」です。

 これはいいですね。30年以上前の作品なのに彼女自身のピアノを中心とした音は全然古びた感じがなく、鮮度が良い! 彼女の伸びやかな声はこの時点ですでに十二分に魅力的です。音の傾向としては後年とはかなり異なり、アメリカ東海岸都市部のシンガーソングライター風というか。わたしとしてこちらの方が好みですが。