メニュー 蕭寥亭 検索

開店休業の記

今日の音楽 − マリ、再び

Ali And Toumani

 久しぶりに西アフリカ・マリの音楽を、また。

 Ali Farka Toure & Toumani Diabate の "Ali And Toumani" 、今年出たアルバムです。

 Ali Farka Toure がギター、Toumani Diabate がアフリカの民族楽器でハープや琴のような音色のコラを担当しており、インストゥルメンタルを中心とした内容になっています。

 マリの音楽は、以前に Rokia Traore や Habib Koite & Bamada を聴いてみましたが、やはり同郷ということもあってメロディ感覚は共通するものがありますね。ただ、こちらの方が熟練の技( Ali Farka Toure は1939年生まれ、2006年に惜しくも死去)と余裕を感じます。その演奏は流麗で、あまりアフリカ音楽の形容には使われない「優雅」という言葉が頭に浮かびます。

 心落ち着く音楽です。