メニュー 蕭寥亭 検索

開店休業の記

今日の音楽 − 演歌嫌いの聴く奄美島唄

おぼくり

 奄美島唄唄者(オフィシャルサイトより)・朝崎郁恵です。ここでは3度目。

 2005年の「おぼくり」です。バックの演奏はピアノ主体でごくシンプルなもの。こういう感じが一番合っていると思います。相変わらず独特の節回しで、悠揚たる唄がとても心地よい。

 わたしは演歌の情緒過剰なクドさが苦手で、「演歌は日本の心」などという文章を見るたびに密かに抵抗を感じていました。日本情緒ってもっと淡いものではないでしょうか。無論、演歌が日本的ではないと言いたいのではなくて、あれは日本的ではあってもかなり特殊な表現形だと思っています。

 ひょっとしたら彼女の作品を「演歌みたいなのじゃ?」と想像して敬遠している方がいらっしゃるかもしれませんが、そうした方には「ここで過去に紹介している音楽を確認していただければわかるとおり、ふだん、演歌や民謡をまったく聴かないわたしがとても素直に聴ける唄ですよ」と申し上げておきます。