メニュー 蕭寥亭 検索

開店休業の記

今日の本

作りながら学ぶ Ruby入門

 「作りながら学ぶ Ruby入門」(久保秋真:著 ソフトバンククリエイティブ)、読了。

 また、お仕事関連。味気ない話ですが。

 とりあえずすぐ使う予定はないものの、時には新しいものへの挑戦も必要さ! と、Ruby に手を出してみました。と言いながら、またスクリプト系のプログラミング言語だったりするところはどうなのか・・・。

 題のとおり、入門書です。そのため平易ですが、ある程度のプログラミング経験者には物足りないかも。

 通常の入門書とやや趣が違うのは、文法を逐次解説していくという流れをとらず、とりあえず少しづつコードを書きながら実際の動作を確認して理解していこうという内容になっていることです。たしかにデータ型がどうとか制御の構文がどうたらってあたり、文法の基礎を一から勉強していくのって、かなり忍耐力を要しますしね、そういう学習法になじめない人のためにもこの種の入門書は必要だと思います。わたしはどの言語(PHP・シェルスクリプト・Javascript)もどちらかっていうとまず手を動かして、わからなくなったところで調べるというようなやり方で習得してきたので、なおさらそう思います。

 で、Ruby を習得できたかというと、本読んだだけで手を動かしていないので・・・。