メニュー 蕭寥亭 検索

開店休業の記

今日の映画

狙った恋の落とし方。

 勤め帰りに観てきました。中国映画「狙った恋の落とし方。」(原題:非誠勿擾)です。勤務先の中国人同僚のお奨めです。本国では「レッド・クリフ」を上回るヒットになったとか。

 発明で一山当てた中年男・秦。今度は嫁探しと、インターネットに恋人募集の広告を出し、次々とお見合いを重ねるが・・・。

 えーっ、わたしの苦手な恋愛物ですね。でも、ところどころに笑いと世相描写が交えてあり、なかなかおもしろかったです。もちろん誇張されているのでしょうが、現代中国の一面を知ることができます。ラブコメでありながら、時折「密告」とか「下放」といった単語が出てきてしまうところに、うっすらと苦味も交えてある、と感じてしまうのは気のせい?

 北海道ロケを行っており、わたしの行ったところ(北浜駅とか)なんかも出てきました(喜)。

 ちょっと引っかかったのはヒロインの笑笑。もちろん不美人ではないのですが、「彼女が一番きれい」と言われるとなんだか・・・。他の女優さんにもっときれいな人が何人もいたような・・・。どうも納得いかないなぁ。わたしが日本人だからだろうか? 中国人男性のご意見が聞きたいところです。

 わたしもマネして嫁さん募集の広告でも出してみるかな・・・。

 「当方、貧乏で性格は偏屈、職業は不安定で容姿も残念なオッさん。美人で金持ちで賢くて性格の良い妙齢の女性募集!」

 ・・・いや、だって・・・、言うだけなら自由じゃん、自分のサイトなんだし・・・。