メニュー 蕭寥亭 検索

開店休業の記

今日の音楽 − 奄美の唄

うたばうたゆん

 昨年「うたあしぃび」で初めて聴いた奄美民謡の歌い手・朝崎郁恵を再び。

 「うたあしぃび」の前作にあたる2002年の「うたばうたゆん」です。

 「うたあしぃび」のバックの演奏は曲ごとに変化する多彩なものでしたが、こちらはピアノ中心の音でアルバム全体がまとまっています。

 でも、結局のところ、この独特の節回しの唄声とメロディに尽きるよな〜、両作品ともに。というのがわたしの率直な感想です。

 本作でも、特に過剰な装飾が施されているわけでもないのに、時にバックの音がうるさく感じられてしまって、「もっとじっくり歌を聴かせてくれぇ!」なんて思ったり、UAがゲスト参加しているのですが、「歳をとらないと出せない味ってあるんだなぁ」と完全に引き立て役扱いしてみたり(ゲスト参加なんだから、それでいいわけですが・笑)。

 と、まあ、そのくらいの力のある唄声です。

 「千鳥浜」が逸品です。