メニュー 蕭寥亭 検索

開店休業の記

今日の音楽 − 翁の若き日々

Unhalfbricking

 またも Richard Thompson 翁の登場です。今回は Fairport Convention の3枚目のアルバム、名作と評価の高い1969年の "Unhalfbricking" です。

 1曲目、翁作の "Genesis Hall" がいきなりかっちぇーですな。ブリティッシュ・フォークロックの歌姫・Sandy Denny 作の "Autopsy" も良い。Bob Dylan のカバーが3曲も入っているのは、この時代のフォークロックバンドらしくてご愛嬌。その内の1曲 "Million Dollar Bash" の頭で聴こえるボーカル、これは Marc Ellington さんじゃないスか? 同じ曲の後半で翁もボーカルをとっていますが、声は今とあんまり変わらんなぁ。脱退したはずの Ian Matthews もゲスト参加しとるらしい。翁のギターはすでに個性的、精彩を放っておりますよ。しかし、翁がアコーディオンまで演っていたとは知らんかった。

 英国伝統音楽系のバンドらしく、やっぱり音がどこか、どよ〜んと重っ苦しいのですが、Steeleye Span や The Pentangle と比較すればはるかにロック色が強く(ドラムが特にね)聴きやすいです。彼らの次作 "Liege & Lief" も傑作とされますが、わたしはこっちのが好きだな。

 それにしても、CDのスリーブの写真の中でギターを弾く笑顔の翁のカワイイこと!(笑)