メニュー 蕭寥亭 検索

開店休業の記

今日の本

日本人の英語

 「日本人の英語」(マーク・ピーターセン:著 岩波書店)、読了。

 ひょんなことからアメリカの方とメールのやりとりをするようになったわたしですが、英語力のなさを痛感しております。当のメール友達・Smith さんは「だいじょうぶ、ちゃんと読めます」と言ってくれましたが・・・。

 で、多少なりとも強化すべく買ったのがこれ。著者はアメリカ人で日本文学研究のため来日、現在は大学で英語を教えているそうです。その滞日経験から著者が考える日本人の英語の問題点、という本です。

 ただし、英語の教本ではありません。あくまで読み物だと考えた方がよいと思います。しかし、教えられるところ大です。

 特に冠詞についての解説は非常に有意義でした。冠詞は「名詞につくアクセサリーのようなものではない」という指摘、肝に銘じます。Smith さんに「日本語には冠詞がない」と書いたら、「(英語で)冠詞を使わずに文を作れるか考えてみたけれど、とても難しい」と逆に言われました。う〜む。

 時制、副詞、前置詞についての話題も大変参考になりました。

 また、著者は、日本人が英語の中で自らの姓名を逆順に("Taro Yamada" のように)するのは、かえって誤解を招くのでそろそろやめにした方がよいのでは、とも提案しています。なるほどと思ったので、わたしも Smith さんへのメールでは逆順をやめて、名前の後にこんな説明をしてみました。

 The native order of Japanese names, family name followed by given name.

 これで理解してもらえたようです。