メニュー 蕭寥亭 検索

開店休業の記

今日の本

日本の雇用

 「日本の雇用」(大久保幸夫:著 講談社)、読了。

 冒頭に、日本人の働く人のほぼ半数が雇用に不安を持っているということが挙げられています。有り体に言えば、わたしも不安を持っている一人。若くないしね、職歴の空白期間かなりあるし、事務職からプログラマに転向したのが数年前ということもありまして技能・経験ともに不足しとるしな、不景気だし。やれやれ。

 やや意外だったのは、国や地方自治体が直接雇用を創出しようとするのはまちがいだという著者の意見。わたしはそういう政策をとるべきではと漠然と思っていたのですが、過去には何度も実施されたことがあり、かつ芳しくない結果に終わったとのこと。そうですか・・・。