メニュー 蕭寥亭 検索

開店休業の記

今日の音楽 − 元気ハツラツ、Ray Davies!(当然、嘘)

Everybody's In Show-Biz

 The Kinks を取り上げるのは1年ぶりかな? 前回の "Muswell Hillbillies" の次の作品ということになります、1972年の "Everybody's In Show-Biz" 。CDは1枚ですが、LP時代は2枚組で1枚目はスタジオ録音、2枚目はライブという構成でした。

 スタジオ録音では一筋縄ではいかない Ray Davies らしく、ちょっと屈折しつつ、でも優しげな "Sitting In My Hotel" や "Celluloid Heroes" がとてもいい感じ。音的には前作の延長線上ですが、よりキーボードの存在感が増したような。"Muswell Hillbillies" 同様、評価の高いアルバムで確かに充実していますね。

 しっかし、相変らず、ダッりィ(笑)。なんなのよ、この小市民的疲労感は(そのへんも前作の延長線上でした)。それはライブも同じ。演奏自体がダレているわけではないのですが、ロックンロール・ライブ的熱狂に、どうしても完全にはなじめていないような気がするんですよね、Ray Davies は。

 生き辛い世の中を、皮肉とユーモアで紛らわせてどうにかしのいでいく、あなたはやっぱりそんな人ですか? Ray Davies さん?