メニュー 蕭寥亭 検索

開店休業の記

今日の音楽 − 出発点

Happiness

 The Weepies のアルバムで唯一未聴だったデビュー作 "Happiness"(2004年)、聴いてみました。

 基本的な音楽性はその後の作品と変わりありません。ただ、曲ごとにロックっぽかったり、フォーク調だったり、カントリー風だったり、割とはっきり色が出ています。その代わり、最新の "Hideaway" で顕著に表れてきた浮遊感は、さほど感じられません。まだ何か硬いなぁー、という感じは否めません。

 歌も曲も、デビュー作としては平均点以上ですが、わたしが最初に聴いたのがこれだったら後の作品に手を出していたかはかなり疑問。2枚目からで正解だったと思います。音楽聴くにもふさわしい時期ってものが、やっぱりあるんですよね。