メニュー 蕭寥亭 検索

開店休業の記

Smith さんのメールから

健保

 アメリカでは日本のような国民皆保険制度がとられておらず公的医療保険制度もごく限られたものしかない(全く存在しないというわけではないそうです)ということは、現オバマ政権が医療保険改革に取り組んでいることもあって日本でも時折報道されており、ご存知の方も多いかと思います。わたしもTVニュースや新聞記事などで見ては、「へー、アメリカってそうなんだぁ」とか思っていたクチです。言わば「対岸の火事」ですから、それ以上の感想も特にはなかったのですが。

 しかし、実際にアメリカに住んでいる Smith さんにとっては「へー」どころではない、切実な問題のようです。

 会社勤めをしていれば会社の健康保険制度の恩恵を受けることもできるそうなのですが、そうではない Smith さんや Smith さんのお友達にとっては、お医者さんにかかる機会が増える年代ということもあってか、高額な医療費(もしくは自己加入の医療保険費)は悩みの種になっているようです。Smith さんから日本の健康保険制度について質問されたこともあり、ごくかいつまんで答えたところ、とてもうらやましがられました(一応、良いことばかりではないという意味もこめて、日本の健康保険制度が財政危機にあることも伝えましたが)。

 Smith さんは、アメリカで国民皆保険制度が導入されない理由として、保険会社が億単位で政治献金を出してこれを阻止しようとしていることを挙げています。

 理解しがたいことに、導入反対派からは「もし、(過去に)国民皆保険制度を導入していたら、今ごろ我々は社会主義者になってしまっていただろう」なんていう批判が出ているそうで・・・。選挙戦の折、現オバマ大統領が共和党陣営から「彼は社会主義者だ」と言われたこともありましたっけ。アメリカでは「社会主義者」という言葉には相当否定的なイメージがあるようで、少しでも社会主義的なにおいのする政策に対しては一部にこうした拒否反応が出てくるようです。日本人にはややわかりにくい感覚ですが。

 ともあれ、一介の日本人としては事の成り行きを見守る他ありません。あとはひたすら Smith さんの健康を願うのみ。