メニュー 蕭寥亭 検索

開店休業の記

Smith さんのこと

 以前、アメリカの人と電子メールで文通していると書きましたが、今日はそのお相手・Smith さんのことを少しご紹介したいと思います。

 Smith さんは現在、アメリカ・ネブラスカ州西部にお住まいです。住んでいる郡全体の人口が二千人ほどだそうですから、かなり人口密度は低いようです。住民の多くが農業か牧場を営んでいるそう。Smith さん自身も家庭菜園を持っていて野菜を作っています(写真を見せてもらいました・嬉)。

 Smith さんの正確な年齢は聞いていないのですが、もうお孫さんがいらっしゃるということなどから60歳前後だと思われます。そうそう、Smith さんはご婦人です。

 今は半ば引退状態にあるようですが、かつてはいろいろな仕事をしてらしたそうで(記者をしていたことも!)、そのせいかとても話題が豊富で、興味深い見解を聞かせてくれます。メディアを通した著名人の建前的意見などではない、一般のアメリカ人の生の声(無論、アメリカ人全体を代表するものではありませんが)を知ることができる貴重な機会を、図らずもいただいた形でとても楽しく(それにメールの Smith さんはとても明るく、ユーモアのある方です!)、なので苦戦しつつもがんばって英文の返事を出し続けています。

 Smith さんがメールでわたしにどんな話をしてくれたかは、またいずれ。