メニュー 蕭寥亭 検索

開店休業の記

今日の音楽 − いろいろ感慨

 栄枯盛衰が甚だしくも激しい商業音楽業界では、一時期人気を博してもいつのまにか行方不明になってしまってそれっきり、という人たちも少なくありません。ここで取り上げた中では My Vitriol あたりがそうなりかかっていますな。どうしたっていうんだよ、お前ら。

 行方不明になってしまったと思っていたら、知らんうちにアルバムを出していた人もいました、Dionne Farris 。

 Dionne Farris は大ヒットした Arrested Development の "Tennessee" への参加で脚光を浴び、2年後の1994年に出したソロ・アルバム "Wild Seed - Wild Flower" もシングルになった "I Know" がヒット。順風満帆かと思われたのに、その後しばらくして音沙汰がなくなりました。

 どうしたんだろうとたまにネットで調べたりしていたのですが、最近になって MYSPACE に彼女のページがあること、そしてアルバムが出ていることを知りました。やっぱりすごいぞ、インターネット! ただ・・・、この前の The Weepies 同様、現時点では音声データファイルのみの販売( PayPal 経由)らしいんですね・・・。いいのか、こんなコンピュータ社会! あっ、対応のクレジットカードを持っていればけっこう簡単に買えますよ。11曲で10ドルちょうどで〜す。

 アルバムの題は "Signs Of Life " 。データのプロパティを見ると2004年となっています。データの形式は、ビットレート 160kbps の MP3 です。

 で、内容ですが、う〜ん、割とフツーの今風ソウルっぽいのが並んでまして、楽曲に彼女ならではの個性が今一つ感じられなかったのは残念。

 それとデータの音質に問題が・・・( "Open" という曲では、はっきりと途切れている部分がありました・泣)。何度かダウンロードしても同じだったので、元データがおかしくなっているのだと思うのですが・・・。

 でも、一番大事な点・彼女の歌声は以前同様魅力的で良かったです。もうちょっと練り直して、次はCDで出して欲しいな・・・。期待してます。

 気に入った曲は "Open" と "Hidden Charm" 。