メニュー 蕭寥亭 検索

開店休業の記

メール友達

 2月のことですからちょっと前ですが、米アマゾンを通じて、あるアメリカのお店であるCDを買いました。そこで買った理由は単純で、安かったからです(ああっ・・・)。今より円高でしたしね。まあ、わたしらしい。

 そしたら3日後にお店の方からメールで発送の連絡がありました。それまでも時々、米アマゾン経由でCDを買うことがあり、その都度それぞれのお店から発送の連絡をいただいていましたが、どういうわけかすべて英文だったもので、英語の音楽ばかり聴いているくせに英語が苦手なわたしはどれも読んでいませんでした。読まなくても問題なかったし、どうせ通り一遍のことが書いてあるんだろうと思っていたし。

 ただ、この時はどういう風の吹き回しか、「たまにはちゃんと読んでみるか」という気を起こし、ネット上の翻訳サイトや辞書サイトの力を借りて読んでみました。

 内容は概ね、こんなものでした(かなり適当訳)。

 お買い上げありがとうございました。

 本日、発送しました。

 わたしは2、3回日本へ商品を送ったことがあるのですが、どなたからも商品到着のメールをいただけなかったので、あなたの元にいつぐらいに届くか推測することができません。地元の郵便局に尋ねたところ、「多分、2〜3週間かかるだろう」とのことでした。でも、郵便局の人はあなたの国がどこにあるかよくわかっていませんでしたので、わたしはその予測があまりアテにできないと思っています。

 わたしたちは商品がそれよりも速く安全に届き、あなたがその音楽を楽しんでくださることを願っています。

 ご用命、ありがとうございました。重ねて御礼申し上げます。

 「・・・、う〜ん、ならCD届いたら到着の連絡メール出さなきゃダメだよね? でも、英語でメール書くの? ヤだなぁ・・・。でもそのままだと、日本人はメールの連絡もくれない人間ばっかだと思われそうだしなぁ・・・。」

 と、悩んでいるうちにCDが届いてしまいました(発送連絡があってからちょうど10日後でした)。

 「やっぱり出すべきだよな・・・」と、決心して返事を書きました。内容はこんな感じ。

(原文)

 I received the CD today.

 Many Japanese people love American music, but in most cases they are very poor in English. Me, too. Sorry, please forgive us.

Thank you so much.

(本人はこう書いたつもり)

 今日、CDを受け取りました。

 多くの日本人がアメリカの音楽を愛しています。ですが、アメリカの音楽が好きな日本人でもたいてい英語は苦手です。わたしもそうです。(連絡メールを書けないでいる人がいることについては)申し訳ありませんが、ご容赦ください。

 ありがとうございました。

 おそろしいことに、これで大意は通じたらしいです(笑)。

 しかも、このメールを喜んでくれたらしく、お店の方・Smith さんがまた返事をくれまして・・・、以後、Smith さんとはメールのやりとりを続けています。わたしの唯一のメール友達はアメリカ人!(笑)

 わたしにとって英語でメールを書くのはとても大変なこと(一通書くのに毎回3〜4時間かかってます・・・)ですが、日本にいながら一般のアメリカの人の生の声を知ることができるというのも、考えてみれば貴重な経験ですし。

 それに Smith さんのメールはとても興味深い内容が多く、楽しみです。ここでも折に触れてご紹介していこうかなと考えています。