メニュー 蕭寥亭 検索

開店休業の記

昨日のボードゲーム

スコットランドヤード

 明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

 さて、昨日は自宅で我が一族の新年会。毎年1月2日にするのが恒例となっています。姪・甥もそろって顔を出すので、食事が終わった後は新しく買ったボードゲームで遊ぶのも恒例。

 で、今年投入されたのが「」(上の写真)。

 参加者のうち1人が怪盗Xとなってロンドンの街を逃げ回り、残りの参加者が刑事となって相談しながら怪盗Xを追跡するというもの。ゲームボードがロンドンの地図となっており、参加者はその上を各種交通手段を駆使して移動します。刑事の居場所はボード上にコマで表示されますが、怪盗Xの居場所は原則として不明。ただし、決められたターンでは公開しなければならないことになっています。また、怪盗Xがどの交通機関を使ったかは原則常時公開。刑事側はこれらの情報を頼りに推理して、制限ターン回数内で怪盗Xを捕まえれば勝ち。逆に怪盗Xは逃げ切れば勝ち。という、ちょっと変わったゲームです。

 2回やりましたが、2回とも刑事側の勝ち。ルールを読んだ時は怪盗Xの方がかなり有利に思えたのに、ちょっと意外でした。

スコットランドヤード・怪盗X役用の帽子

 ちなみに怪盗X役用の帽子付き(上の写真・笑)。