メニュー 蕭寥亭 検索

開店休業の記

さらば、X01HT 、そしてやってきたのは

X01HT

 書き漏らしていた事が一つ。

 ここでも何度か話題にしてきたソフトバンクのスマートフォン X01HT 、紛失してしまいました。自転車に乗っている時に落っことしてしまったようですが、いつごろどこで落としたのかはわかりません。あんなモン、落っことしてまったく気がつかないという自分の不明さ加減にとことん呆れかえっております。バッカじゃねぇの、おめぇ。

 出てこないかと淡い期待をしばらく抱いておりましたが、冷静に考えればその見込みはかなり低いし、見つかったとしても走行中の自転車から落っことして無傷とは思えないし、ここのところの天気を思えばきっと雨水もずいぶんかぶったでしょうから、もう使い物にはなりますまい。かくして、わたしは X01HT に心の中で別れを告げたのでありました。

 「さようなら。とっても悲しいよ。まだ分割、残ってんのに。」

 購入からようやく1年が経過した初秋のことでありました(上の写真は在りし日の X01HT )。

820SC

 いつまでも呆けているわけにもいかないので、手続きについて話を聞くべくソフトバンクのお店へ。

 契約に「あんしん保証パック」というオプションをつけていたので、それを使うと通常より替わりの携帯を安く購入できるとのこと。分割は従来通り払うことになります。もちろん、普通に機種交換でもかまわないそうなのですが、購入金額が通常と同じになるので割高になるそう。

 ただ、「あんしん保証パック」を使う場合、本来ですと紛失した機種と同じ物を購入することになっているのだそうですが、X01HT はすでに生産終了で入手が難しいということで、代わりにソフトバンクの指定する機種でも可、とのこと。また、「あんしん保証パック」の手続には警察へ遺失物の届を出すことが条件になっているとのこと。

 しゃあないのでいったん退散、日を改めて駅前の交番に行って届を出して届の番号の控えをもらってから、またソフトバンクのお店へ。

 それで、「指定機種の中で一番安いのをください」と購入したのが 820SC という機種(上の写真)。

 本体の代金+手数料+充電器、他に別のお店でメモリカードも買って総費用は1万円弱というところ。本格的不景気突入がささやかれるこの時代に、ううっ、厳しい・・・。

 この機種の使い勝手などは、また追々。