メニュー 蕭寥亭 検索

開店休業の記

英語の壁

Five Guys Walk into A Box

 立ち寄った本屋さんに今年日本語版が出た「エリック・クラプトン自伝」が置いてあったので、ちょっと拝見させていただきました。もちろん目当ては Ronnie Lane 関係の情報。Ronnie のことにも少々触れられてはいましたが、残念ながら既知の話ばかりであまり突っ込んだ内容はありませんでした。Ronnie のこと以外にも書くことはいっぱいある人でしょうから、まあ、しょうがない。

 自伝といえば Ron Wood も近頃自伝を出版したという話ですが、日本語訳は出ないんですかね? 何と言っても The Rolling Stones のメンバーなんだから、需要はありそうなんですが。彼なら Faces 時代のからみで Ronnie の話がいろいろありそうで期待しています。

 Ian McLagan はもう10年近く前に自伝を執筆しています(ちょっと早すぎたんじゃないの、Mac?)。こちらはもう日本語訳は無理っぽいのですが、ぜひ読んでみたいのでいずれ原書に挑戦したいです。"Five Guys Walk into a Bar..." のブックレットを読んだ限りでは割と読みやすい文章を書く人らしいし。ただ、いつ手を着けるかは未定・・・。

 英語、苦手。高校時代、赤点(百点満点でぎりぎりフタケタに踏みとどまるという惨状)、くらったし。ううっ。