メニュー 蕭寥亭 検索

開店休業の記

今日の本

東京裁判

 「東京裁判」(日暮吉延:著 講談社)、読了。

 後の世代(わたしを含めて)には意外と知られていない東京裁判の経過と実態を、国際政治史の観点から追ったもの。

 関係した各国の事情がこみいっている上に何せ裁判が主題ですので法律関係の話がなかなかわかりづらく、さらに当然のことながら日本の敗戦にまで到る過程の知識もある程度必要なので、新書とはいえ簡単に理解できるとは言いかねる内容ですが、東京裁判を考えるための基礎の1冊としては十分価値があるのではないでしょうか。