メニュー 蕭寥亭 検索

開店休業の記

今日の本

ゲームデザイナーの仕事

 「ゲームデザイナーの仕事」(前田圭士:著 ソフトバンククリエイティブ)、読了。

 コンピュータゲームソフト制作の現場におけるゲームデザイナーの役割、ゲームデザインに必要な知識、テクニックなどを解説しています。おそらくはゲーム業界を志す若者を主たる読者として想定した本です。わたしは読んでいないのですが、著者は先に「ゲームシナリオライターの仕事」という本を書いており、これは姉妹編にあたります。ですから、ほんとうは「ゲームシナリオライターの仕事」を先に読んでからこの「ゲームデザイナーの仕事」を読んだ方がよいのかもしれません。とはいえ、やさしくかみくだいた文章で業界知識があまりない人でも理解に苦しむということはないと思います。

 ここで紹介されているゲームデザイナーの仕事に、特に意外なものはなかった、というのがむしろ意外でした。わたしもたまにはコンピュータゲームで遊びますが、実際に「製品」を使った経験があり、かつ社会経験・職業経験もあればある程度予測できる範囲が仕事なんですね、やっぱり。

 この仕事に就く者の心構えとして書かれていることもごくまっとうで、他の業界にも通ずるようなことが多いです。しかし、「最終的には決定権者に従うこと」とか「知らないことは恥ではないから、きちんとそう言うこと」とか書いてあるのを見ると、逆に現場でどういうことが問題になっているのかが想像できますが(笑)。あるよね、やっぱり。

 それにしても奇想天外なエピソードを集めた面白本ではなく、職業としてのゲーム作りについてこういう地道で手堅い本が出てくるというのは、ある意味、ゲーム業界もずいぶん年齢を重ねたのだなとなんだかしみじみ。