メニュー 蕭寥亭 検索

開店休業の記

今日の音楽 − 歌はけっこうカワいい

Nickel Creek

 メンバーの一人、フィドルの Sara Watkins(ジャケット向かって左の女性)が、Richard Thompson の近作 "Sweet Warrior" に参加していたことから興味を持ち、買ってみました、Nickel Creek の2000年のアルバム "Nickel Creek" です。

 ジャケットの3人によるブルーグラス系のアコースティック・バンドで、このアルバム発表当時、メンバー内2人がまだ十代だったにもかかわらず、そうとは思えない、小憎らしいくらい達者で流麗な演奏を聴かせてくれます、これが。アルバムも本作でもう3枚目だったそうで、たいしたもんだわ。

 反面、歌声(3人それぞれに歌っているみたいです)はなんか「若い」感じです。決して悪い意味ではなく、けれんみのないさわやかさにはけっこう好感が持てます。