メニュー 蕭寥亭 検索

開店休業の記

今日の本

「魔」の世界

 『「魔」の世界』(那谷敏郎:著 講談社)、読了。

 著者は比較文化史が専門、ということで、日本、中国、インド、イスラム圏、ヨーロッパ等、世界各地の「魔」物たちの比較紹介。

 範囲が世界各地ということもあってか話があっち飛んだりこっち飛んだりでとっ散らかっており構成はやや散漫ですが、取り上げられる一つ一つの「魔」やそれにまつわる話は簡潔にまとまっていてかつ興味深く、楽しく読めました。マニアックに「深い」本ではありません。