メニュー 蕭寥亭 検索

開店休業の記

今日の本

粉飾の論理

 「粉飾の論理」(高橋篤史:著 東洋経済新報社)、読了。

 企業がいかに粉飾決算という犯罪に手を染めていくかを破綻した上場2社、カネボウ、メディア・リンクスを例に追っていくというもの。

 同様の企業犯罪についてのノンフィクションは何冊か読んでいるのですが、多くに共通しているのは事態を直視しようとせず問題を先送りしようとする態度。傍から「潔く」と言うのはたやすいのですが、やっぱりできないもんなんでしょうね。前進するときの困難を克服する勇気より落ち目になったときに敗北を認める勇気を持つことの方が難しいのでしょうか。

 それから「良くない事をしている」という問題意識の薄さ。実は会社勤めをしているとあまり他人事ではありません。日々の仕事に流されて些細なことには目をつぶり「それはほんとうにしてよいことなのか?」という自問はとり残され・・・。