メニュー 蕭寥亭 検索

開店休業の記

顔ペン

顔ペン(水性ドーランマーカーペン)

 この前、ここに書いた身内の新年会でのテーブルゲームはここ数年恒例行事となっており、前年の12月までに新しいゲームを買いこんで準備することにしているのですが、今回は場を盛り上げるためにゲームに加えてこんなもの買ってみました。顔ペン(水性ドーランマーカーペン)2種。もちろん、罰ゲーム用です。

 お正月の遊びといえばかつては羽根つきで、負けた方が顔に墨を塗られたもの。なのでお正月らしく罰ゲームも顔に墨でいこうかと最初は思っていたのですが、墨だとこぼれてあちこち汚しそうだし、肌につくと墨ってきれいに落ちないことがあるし・・・。そう、今や21世紀、墨の代わりになるような便利なものがあるに違いないとネットで探したら、正解! ありました! 何せ「顔ペン」ですからね、名前からして用途にピッタリ。

 わたしが買ったのは黒と赤ですが、他に10色あるとか。わたしは東急ハンズの実店舗で買いましたが、アマゾン他ネット上のお店でも売っているところは多く、入手は難しくないと思います。現在1本定価294円(税込)。ちょっとお高めですかね。

 ペンなので垂れにくいし手軽に使えます。触れ込みどおり、肌に書いても水で洗えば簡単に落ちます。ただ、顔に書いた場合は、洗い流したときに目に入るとやはりよくないでしょうから、濡らした布やティッシュで拭き取った方がいいように思います。それでもすぐ落ちます。

 不満点といえば、今回負けが込んでしまい、企画者であるわたしばかりが書かれてしまったこと。・・・いや、まあ顔ペンのせいじゃないですけどね・・・。