メニュー 蕭寥亭 検索

開店休業の記

新PC + Virtual PC 2007 + Vine Linux 4.2

Virtual PC 2007 + Vine Linux 4.2:16ビットカラーの設定

 Vine Linux のマイナーアップデートバージョンの 4.2 が昨日公開されたので、早速インストールCDイメージをダウンロードし、Virtual PC 2007 を使って新PCの Windows XP 上にインストールしてみました。メモリ割当は256MB、ハードディスクは約6GBとってみました。

 最初、24ビットカラーの設定でインストールして起動したところ、ログイン画面が乱れて使い物になりませんでしたが、16ビットカラーの設定でインストールしたところ、うまくいきました(上の画像)。

Circus Linux

 ほんのちょっと使ってみましたが、さすがに新型、デュアルコア、しかもハードウェア仮想化機能が使える(自動的に設定される)だけに、動作の軽快さ・反応の良さはは先代PCとは歴然とした差があります。先代PCは実メモリを512MBしか搭載していなかったので Virtual PC 用に十分割当することができなかったのもありますが、それにしてもインストールから見違えるように速くなりました。軽めならアクションゲームでもいけそうで(上の画像・Circus Linux!)、常用してもいいかなってくらいです。ペンティアム2・メモリ192MBのさらに古い先々代PCにもVine Linux 4.1 をインストールしてテスト・バックアップ用に使っていたのですが、要らなくなるかも。