メニュー 蕭寥亭 検索

開店休業の記

今日の本

検証 本能寺の変

 「検証 本能寺の変」(谷口克広:著 吉川弘文館)、読了。  信頼度の高い史料をもとに本能寺の変とその前後の状況の再現を試み、それに変に関する諸説の検討と光秀の動機の推測を加えたもの。本能寺の変は日本史上の重大事件の一つであり、歴史小説等でも頻繁に取り上げられますのでよく知られてはいますが、事実関係についてもう一度きちんと復習しておきたいという向きにはよい本です。  著者は各種黒幕説には批判的ですが、わたしも同感。黒幕がいたのなら変後もっと明智方に呼応する勢力があってもいいはずだと思いますし、光秀自身の動きも泥縄っぽい。歴史にやたら陰謀を持ち込むのはある程度明確な証拠が提示できない限り、避けた方が無難かと。歴史に陰謀が存在しないと言いたいわけではありませんが。  信長の事実上の後継者であった嫡子・信忠もこの変の際に明智勢と戦った後自害していますが、彼が本能寺攻撃を知った時点ではまだ彼は京を脱出できる可能性があったとは初めて知りました。にもかかわらず、彼は一戦することを選ぶわけですが、この判断は著者も指摘するとおり「日本の歴史が変わってしまうほどの」ものでしたね。彼が生き残れば織田政権は存続した可能性が強く、それを考えると実にもったいなかったなという気もしますが、父をおいて逃げるより武士らしく闘死することこそが彼の望みだったとすれば・・・、また、それも良しか。