メニュー 蕭寥亭 検索

開店休業の記

その後の新PC

新PCのフロントベイのUSBポート

 先月購入した新PC、多少トラブルもあって手間取りましたが現在は設定も一通り済み、順調に使用できております。

 さすがに速いですね。なんでもサクサク動きます。でもすぐ慣れちゃいそう(笑)。

 そうそう、OSインストールにサービスパックが含まれていない初期のXPを使ったら、500GBのハードディスクを約128GBしか認識してくれませんでした。とりあえずそれで領域確保してインストール後にアップデートしたらちゃんと認識してくれましたけど。

 当初この新PCは Ubuntu Linux をメインOSに使おうかと画策していたのですが、複合機( Canon の MP370 )のスキャナとTVチューナーカード( アイオーデータの GV-BCTV5/PCI )が使えず、これじゃ常用するには苦しいということで断念。どちらも Ubuntu Linux 7.10 で対応しているようだし、実際ハードウェアの認識はしているのに動作させようとするとエラーになるということでお手上げ。チップセット(わりと新しめ・AMD 690G )がどうも怪しいんじゃないかと・・・。注目の仮想化機能 KVM もうまく使えなかったし。次期 Ubuntu に期待。

 ハードディスク・電源・ケースファン等はまずまず静かで、なかなかけっこう。

 不満点はフロントベイのUSBポート。安普請でUSBのプラグを差し込もうとすると留め具から外れて奥に引っ込んでしまいます(写真・わかりにくいですが、向かって左のポートがズレて隙間ができています)。ケースは SCYTHE の EZCOOL N-880 というヤツですが、要改善。本来、初期不良ということで修理させるところですが、わざわざ秋葉原まで持ち込むのはめんどうだし、修理期間中PC使えなくなっちゃうし、使用にさほど問題が出るところではないので大目に見ることにします。代わりに今度、フロントベイ用のUSBポート、買ってきます。