メニュー 蕭寥亭 検索

開店休業の記

今日の本

ヤモリの指

 「ヤモリの指」(ピーター・フォーブズ:著 吉田三知世:訳 早川書房)、読了。

 「バイオ・インスピレーション」と呼ばれる新しい科学の取り組みを紹介したポピュラー・サイエンス。

 簡単にいうと「バイオ・インスピレーション」とは、生物研究から得られた洞察を技術開発に応用していく分野を指し(題のヤモリの指もそうした研究の対象の一つ)、著者は科学における「正真正銘の新しい開拓地」と評しています。実際読んでみるとなかなか興味深く、いかにも将来有望であるように思えてきますが、ご承知のとおり科学技術のの世界では大いに喧伝され、また期待されながら、しりすぼみに終わってしまったものも少なくありません。本書に取り上げられている研究も成果という点ではまだまだこれからというものが多く、「今後に乞う御期待」というところ。ほんとうに人類の新たなる開拓地となるのか、単なる風呂敷で終わるのか、結論が出るのは10年後? それとも20年後?