メニュー 蕭寥亭 検索

開店休業の記

今日の青空文庫

阿部一族

 「阿部一族」(森鴎外:著)、読了。

 江戸時代初期、藩主の死により殉死者が相次ぐ中、ある藩士の一族に降りかかった思いもよらぬ悲劇を描いた歴史短編小説。実際に肥後熊本藩で起きた事件をもとにしています。

 文豪・森鴎外ですよ。名前だけは知っていても読んだことはなかったのですが。

 余計な解釈や著者の感想は挟まず、簡潔な描写で事件の経緯を追っていく構成で読み応えがあります。歴史小説はこういうのがいいな。

 しかし、わたしは日本人ですので阿部一族がたどった運命についてもそれなりに理解可能なのですが、外国の人が読んだらあまりにも理不尽で納得できないのでは、とか思ったり。