メニュー 蕭寥亭 検索

開店休業の記

今日の本

古代豪族

 「古代豪族」(青木和夫:著 講談社)、読了。

 「豪族」と呼ばれた人々の実像を主に同時代のの史料をもとに追ったもの。時代的には飛鳥から平安前期にしぼられています。

 著者も本書冒頭に「古代豪族とは」というその定義についての一節を立てているように、「豪族」というのはどういう存在だったかと改めて考えると意外に曖昧です。この本を読んでみても明確なイメージがわいてくるまでには至りませんでした(本自体はおもしろいものでしたが)。それは著者の責任というより、史料の乏しさからくる研究の難しさによるものでしょう。それと「豪族」に限らずこの時代の地方の姿ははっきりしないことが多く話題にもあまりのぼらないのですが、中央の朝廷の動向ばかりが「日本史」ではないはずで、地方の状況も含めた同時代の全体像が、わたしたち一般人にももっと見えてくるようになればいいなと個人的には思っています。

 今後の研究の進展に期待。