メニュー 蕭寥亭 検索

開店休業の記

今日の本

国のない男

 「国のない男」(カート・ヴォネガット:著 金原瑞人:訳 日本放送出版協会)、読了。

 今年4月になくなったアメリカの作家カート・ヴォネガットが生前最後に発表した(2005年)本でエッセイ集。

 「ヴォネガット、大いに語る」や「パームサンデー」の続編的内容で、いつものヴォネガットの語り口が楽しいです。以前のエッセイと重なる部分が多くみられるのはご愛嬌。量が本文160ページ足らずなのが不満。もっと読みたかった。ことに彼の新作はもう出ないのですから。


   「カートはいま天国にいるよ」(ここで大爆笑せよ・本書を参照のこと)


 彼に笑われるのは承知で、こんなことをお空に向かって尋ねてみたくなりました。


   「そちらはいかがですか、ヴォネガットさん?」


 奥さんでフォト・ジャーナリストのジル・クレメンツが撮ったカバーのヴォネガット本人の写真がいい感じです。