メニュー 蕭寥亭 検索

開店休業の記

今日の音楽 − 質ではなく相性の問題

Very Best Of Sam Brown

 Sam Brown 、2004年4月8日にイギリスで行われた Ronnie Lane Memorial Concert の参加者リストにその名があったことから、どんな音楽やっているんだろうと全然知らない人だったのに買ってみました、ベスト盤。"Very Best Of Sam Brown" です。多少、冒険買い気味。あっ、Sam っつっても女性です、念のため(ジャケットのヒト)。

 1980年代半ばから活動していたそうですから、けっこう経歴長いんですね。ジャケットの写真からオシャレっぽいのを演るのかなと予想していたのですが、さにあらず、音は割とオーソドックスなロック風が多く、なかなかリキの入った彼女のかすれ気味の歌声が一番の聴き所、という感じです。

 う〜ん、悪くはないんですが、わたし向きではなかったです・・・、残念ながら。引っかかってくるものがなかったというか。"Fear Of Life" あたり、もうちょっとアレンジがわたしの好みだったらなぁ・・・。