メニュー 蕭寥亭 検索

開店休業の記

今日の本

死に至る会社の病

 「死に至る会社の病」(大塚将司:著 集英社)、読了。

 著者は元日本経済新聞社の記者。

 本書の副題は『ワンマン経営と企業統治』とあり、さらにいきなり第1章が、『「死に至る病」、それは「ワンマン経営者」』となっているのですが、ワンマン経営により破綻した企業の事例の紹介とその分析といった部分はかなり限られており、むしろ株式会社の特に統治にかかわる制度的な問題点の追求が主体になっていて、内容と「ワンマン経営者」という言葉のつながりがやや希薄になってしまっているような気はしました。

 株式会社の起源から欧米、そして日本の企業統治の現状・課題の解説は、なかなかまとまっていて参考になりましたし、そちらに重点がある本だと思ったほうがよろしいかと。