メニュー 蕭寥亭 検索

開店休業の記

今日の本

天皇たちの孤独

 「天皇たちの孤独」(繁田信一:著 角川書店)、読了。

 著者は以前にここで取り上げた「殴り合う貴族たち」と同じ人。内容も姉妹編といえるもので、前作が平安朝廷の中枢を担った貴族たちのあまり褒められない行状を紹介したものであったのに対し、こちらは至高の存在とされた同時代の天皇の実像を史料から読み取ろうというもの。題から想像できるように、著者はこの時代の天皇をあまり幸せそうではなかったとみています。

 それにしても平安期の朝廷って、スケール感といい、モメかたといい、同族経営の中小企業みたい・・・。