メニュー 蕭寥亭 検索

開店休業の記

今日の本

江戸時代の身分願望

 「江戸時代の身分願望」(深谷克己:著 吉川弘文館)、読了。

 副題に「身上りと上下無し」とあり、聞きなれない言葉ですが、「身上り(みあがり)」とは江戸時代の人々の身分上昇願望を指し、「上下無し(うえしたなし)」とは平等願望を指しており、著者がこの本で江戸期のどの階層にも存在した意識を端的に表した言葉として使っています。

 内容的には主題の通り。江戸期の身分制といえば「士農工商」でガチガチ、というイメージですが、しかしその中に少なからず流動的な要素をはらんでいたという点が興味深く、今後の研究の進展次第ではまた新しい視点が生まれそうな気がします。