メニュー 蕭寥亭 検索

開店休業の記

今日の音楽 - 多分、オジさん向きではない

The Wildhearts Must Be Destroyed

 いつのまに出てたんだー、という感じです。The Wildhearts の "The Wildhearts Must Be Destroyed" 。コノ人たち、1997年の "Endless, Nameless" の後、解散しちゃったんじゃなかったけ? いつ再結成したの? ・・・よく見りゃ、このアルバム、裏に2003年の発売だって書いてあるじゃん。情報、遅いな、わたし。

 Windows Media Player でこのCDのプロパティを見るとジャンルが "Metal" に区分されているくらいなんで、ギャンギャンギャンギャン鳴りっぱなしのギターとか空きっ腹に響く重低音のベースとか、音はやかましくそれっぽいのですが、メロディが妙に人懐っこい。聴きようによっては「重武装・重装甲化改造を受けた初期ビートルズ」とか「変に能天気なグランジ」という形容もできるかも。「確信犯的バカ・ロック」ってのもあるか(ひでぇ)。

 「バカ・ロック? 当ったりめェだろ! ロックでバカやんねェでどうすんだ!」という魂の叫びと高笑いが同時に聴こえてきそうです。今時、貴重な個性かも。

 収録曲の一つ "Top Of The World" の「世界の頂点じゃ、空は真っ青だし、ネェちゃんたちはすっげェきれいなんだぜ」という歌詞に、ザ・フォーク・クルセイダーズの「帰ってきたヨッパライ」を思い出してしまったわたしは、何かまちがえているとしか言いようがありません。でも、いいや。